トブイヌログ

更新停滞中!

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | 
<< 最近読んだ  最近読んだ >>

最近読んだ

評価:
米澤 穂信
東京創元社
¥ 780
(2006-06-10)
コメント:フィクションの軽さ、この現実感。

 この本の感想

・軽い文体と、現実の一般的読者とユーゴとの距離がリンクしている<非常に怖かった。
・頑張る主人公へ感情移入して自分とリンクしたところへその駄目さ加減を認識させられる。
・太刀洗さんがとてもステキ
・紀行文

いろんな意味で、結構すごいと思いました。
この感動を忘れてしまうことの怖さと物語の中の忘却へのステップとしての感傷というのが、、重なって感じられて、感動を忘れることが出来ないのです。それと同時に、紛争とか、嫌だなと、心のどこかでそれについて考え続けていこうという小さな火種が出来たように思います。

- | comments(0) | - | 

スポンサーサイト

- | - | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>