トブイヌログ

更新停滞中!

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | 

最近読んだ

評価:
カズオ イシグロ
早川書房
¥ 798
(2001-05)
コメント:これだけ独白して品格が失われないどころか際立ってくるのは、ユーモアの力ではありますまいか?

晩年を迎える執事の一人旅、その途中における独白です。彼は読者に話しかけます。そういう文体で描かれています。

読み始めるまで、なめていました。そして分かりました。執事はカッコいいです。
ハヤ●のごとく、や、君が主で執事が●で、や●執事、その源流の直近はここにあるのではありますまいか、、いや、ないか、、。

でも、執事好きってお姉さん達いるでしょう!
読めば良いよ!よんで、くねるといいよ!


ああ、でも、駄目な男、、。つーかMでなきゃ勤まらん。そういう意味では、モズヤさんのバンタローに通じるものがある。ある。?

すっごい好き。噴きながら泣きましたね。最後はにっこりです。
 | comments(0) | - | 

最近読んだ

評価:
灰原 とう
小学館
¥ 620
(2007-08-17)
コメント:荒唐無稽、だから良い。

 視点がころころと変わり、一つの大きな事件の流れをいろんな人の記事を読んでいるように進んでいきます。その辺、面白かったです。ただ、じっくり読みたい人には面食らうところがあるかもしれません。

あと、ちょっとくどいかな、、と思うところもありましたが、いわゆるステレオタイプのライトノベルの枠を少し超えようとしている感じが新鮮でよかったです。

ちょっと最近思うのですが、これは、レーベルの弊害があるのかも知れませんね。
私的意見なので、的外れでしたらすみませんが、この作品の場合、もっとじっくり読める分厚い小説の法が合っているきがしました。いうなればエンデの果てしない物語や、、、あの、いわゆるハリー、、ポッター、、?みたいな、ああいう重さが欲しいと思ってしまいました。というか、それに見合うような中身の濃さがあると感じました。

評価を自分の目安の為につけているんですが、(この程度の文章書く奴が評価っておかしいんですが、星とかあると自分でなんか付けたくなっちゃうんです。すみません)自分でもどうしたものかと思ってしまいました。

続編も読んでみようと思います。
 | comments(0) | - | 

最近読んだ

評価:
ボルヘス
集英社
¥ 820
(1995-11)
コメント:モテル男はいいなあ。

 うーん、かっこいいです。ボルヘス。
混沌とした話が続きます。世界会議の話と砂の本が印象にのこりました。
世界会議の方は最近読んだ「日の名残」や以前見たタルコフスキーのサクリファイスなんかのイメージと自分の中で重なりました。大変面白かったです。

砂の本は、、、GOOGLEのことです、、かね?
- | comments(0) | - | 

最近読んだ

評価:
小川 一水
早川書房
¥ 756
(2005-08-09)
コメント:これは会ってみたい。

 短編集です。
表題の老ヴォールの惑星はすごかったです。なんというか椎名誠、水域を彷彿とさせるような、、いやー水棲生物の魅力満載、、というか、読み終わって表紙の絵を見て納得というか、、、まあ、SF好きなら楽しめると思います。
- | comments(0) | - | 

最近読んだ

評価:
小川 一水
早川書房
¥ 630
(2007-10)
コメント:SF

 お約束満載で楽しみました。SFです。SF!
あ!でも時間移動のとことか、真っ向勝負な感じがして特筆でした。
全部やってやりますよ。ええ。という感じが、ちょっと噴くくらいカッコよかったです。
- | comments(0) | - | 

最近読んだ

評価:
米澤 穂信
東京創元社
¥ 780
(2006-06-10)
コメント:フィクションの軽さ、この現実感。

 この本の感想

・軽い文体と、現実の一般的読者とユーゴとの距離がリンクしている<非常に怖かった。
・頑張る主人公へ感情移入して自分とリンクしたところへその駄目さ加減を認識させられる。
・太刀洗さんがとてもステキ
・紀行文

いろんな意味で、結構すごいと思いました。
この感動を忘れてしまうことの怖さと物語の中の忘却へのステップとしての感傷というのが、、重なって感じられて、感動を忘れることが出来ないのです。それと同時に、紛争とか、嫌だなと、心のどこかでそれについて考え続けていこうという小さな火種が出来たように思います。

- | comments(0) | - | 

最近読んだ

評価:
米澤 穂信
角川書店
¥ 1,680
(2005-07)
コメント:高校生には戻りたくないんですが、あの甘苦しさったらない感じが懐かしくなります。

 古典部シリーズ続編です。
えーと、主人公がヒロインに弱いという正統派のヒーローものでもあります。
あの、ミステリの感想って難しいですね。いま、もうなんか何も言えない自分にびっくりです。

えーと、やっぱり学園ものにはお金持ちがはずせないですよね!出てきますでてきます!
あ、あと、カッコいい生徒会長とかはずせないですよね!出てきます出てきます!
あと、すっげえ大人っぽくて美人な先輩!でーてーきまーす!

それだけで読む価値あると思って読み出した僕は、優しさでこじれたチープなドラマに涙するわけです。
この場合ライトでチープであればあるほど、優しさのこじれが胸に来るんです。
ウマイ!!と、分析で自分のウィークポイントをつかれたことをごまかしつつ読み終えました。
 | comments(0) | - | 
  1/40P  >>
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>